人生日記劇場

セミリタイアを目指したいが、今すぐ無職にもなりたい20代後半男性の日記

仕事

50の力でこなせるくらいの仕事をしていたい

新しい職場に入って2週間経った。 特に問題なく過ごせている。まだ大したことをしていないので、油断は禁物である。 とはいえ、話を聞いたり資料を読んだりして、全体像が少しずつ見えてきている。 今把握してるかんじがすべてなら問題ないだろう。自分の全…

今度は大丈夫かと心配されている

先日から新たな環境で仕事が始まったわけだが、今のところ、私の直観は何も言ってはこない。やたら「大丈夫ですよ」と言われたことを書いたが、別の人たちからは「大丈夫ですか」と心配されている。一般的な気遣いではあるが、多分に気を配っていることがな…

また仕事が始まりました

さて、新たな職場での仕事が始まりました。前と同じくIT系。受け入れ作業はどこでもだいたい同じで、パソコンのセットアップやらアカウント設定やらで一日が終わる。担当者が隣の席にいて、いろいろ聞きながらできたので、すんなり完了できた。ヤバい職場は…

なぜ契約終了したかをちゃんと考えた

↑こうはなりませんでした 前回、前々回と仕事を辞めた話を書いているが、なぜ辞めたのかについて、ちゃんと考えてまとめてみた。有り体に書くと以下の通り。 もう飽きたし、得るべきものは得たから、めんどくさいことになる前に辞めた。 「クソ職場を辞めて…

仕事をしてよかったのは「この程度でいい」という感覚を得られたこと

仕事に一区切りつけて思ったこと二つ目は、「仕事ってこの程度でいいのか」ということであった。仕事に求められる質が、前職と比べてかなり低かった。給料に見合った働きというものを過大評価していたのだ。「生存だけなら、この程度でいいんだ」という感覚…

うまくやめるのは難しい

私事ですが(ブログ自体私事の塊である)、先日で契約が満了し無事に職場を去ることができました。まず思ったのは、正しい手順でやめられてよかったということである。契約終了が決まってからも、契約期間満了まで働く。自分の受け持ちを後任にしっかりと引…

先が見えることが絶望に通じる

仕事をしていると「あっ、これはヤバいやつだな」という直感が働くことがある。職制の変化だったり、業務内容の変更だったりパターンはいろいろだが、共通して「あっこれはアカンな」という感覚がやってくる。忙しいと評判の部署にぶちこまれるとか、こんな…

新卒紹介とかいう行事で涙が出る

先日勤めている会社のキックオフミーティング(決起集会的なもの)に参加した。今期もがんばっていきましょう…みたいな内容だったのだが、その中に新卒紹介の時間があった。一人ずつ自己紹介して、これからがんばりますよろしくお願いします…みたいな挨拶を…

妄想でマインドを調整する

2日前にキツい職場に行くことになると書いた。 diarytheatre.com そのあと、最悪のパターンである、「やっぱり仕事がキツすぎてダメで、仕事をする気力もなくして無職になる」場合のシミュレーション(妄想)をしていた。私はいつも最悪のパターンを考え、…

久しぶりに大失敗したかもしれない

あぁとんでもない間違いをしてしまったかもしれない。キツいらしい職場に行くことを受け入れてしまったのだ。事前に情報を聞いていたのに、成長できるという甘言に乗せられてしまったのだ。最近精神の調子がいいから自分はできると勘違いしてしまったのだ。…

テレワーク中のBGM

テレワーク テレワーク中は単純作業になると音楽をかけながら仕事をする。だいたい・【作業用】東方Project原作BGM みたいなやつ・【作業用】ボカロメドレー(ひと昔前のやつ) みたいなやつ・【作業用】ピアノクラシック みたいなやつ・【作業用】ノスタル…

こいつクソやなと思っているときは向こうもそう思っている

こうすれば楽かもしれない 先日まで一緒に働いていた人の契約が終わっていなくなってしまった。そんなに長い期間ではなかったのと、お互いにリモートワークなのが相まって最後まで顔を合わせることはなかった。チャットと通話だけで仕事をしていた。契約が終…

職場から人がやめていくのは爆弾に気づいてしまったから

仕事には爆弾がたくさん埋まっている!これは信じていいことなんだよ。何故って、人があんなにも早くやめるなんて信じられないことじゃないか… 梶井基次郎ではないが、仕事には爆弾がたくさん埋まっている。悲観的な人ほどそれに早く気がついてしまう。いつ…

Copyright (C)2021 diarytheatre All Rights Reserved.