人生日記劇場

セミリタイアを目指したいが、今すぐ無職にもなりたい20代後半男性の日記

"収入を上げるための行動をする必要があるのか問題"から抜け出せない

f:id:nakagawa_00:20210924210128p:plain

ここ1、2週間で精神が回復しおだやかな気持ちで生活ができている。それはいいのだが"先につながる行動"ができていない。それは何なのか?例えば勉強するとか副業するとかいったことである。収入を上げるための行動と言い換えても差し支えない。私は、それをする必要が本当にあるのかというところを以前からずっと考え続けている。大事なのはあるかないかではなく、どちらの結論であっても、それを納得して受け入れることである。受け入れれば行動は自ずと決まる。

そもそも収入を上げる必要性を感じていないのである。生活水準が低いし上げる気もない。収入が低いという諦めから生活水準を上げられないのか、生活水準が低いから収入が低いままなのか。それはわからない。わからないがこのままだと収入は低いままだろう(そして生活水準も低いままだろう)。収入が低いことを問題と捉えるか否か。これもわからない。脳内で議論する。
「別に今のままでいいじゃん。それなりに満足してるし」
「ポジティブなものであれネガティブなものであれ将来何が起こるかわからない。だから今収入を上げる努力をするべきだ」
少子高齢化や国際社会における相対的な地位低下により、今よりもっと貧しくなるというのが最も蓋然性が高い将来への不安だと思う。しかしそれは将来の話ではなく現に起きているし、緩やかに貧しくなったとしても今と同様生活水準が低いままなので、やはり収入を上げる必要性は感じない。ポジティブな変化(結婚するとか?)が起きて収入を上げる必要性が生まれて初めてスタートラインに立てる」
「しかしその時に『やっぱり若いときに努力しておけばよかった』となってからでは遅い。やはり今からなにか行動を起こすべきだ」
「『収入増やしてだからなんなんだ。もっと別のことしてればよかった』となるかもしれない。将来はなるようにしかならない。あとから後悔するような行動は今やっても後悔するだろう」

堂々巡りである。だから”収入を上げることを是とする”前提で考えてみることにした。次の問題は”そのモチベーションを何にするか”である。これもやっぱりわからない。物質的欲求の方向性でいくと第一の問題(収入が低い⇒生活水準が低い?)に逆戻りする。ループから脱出するために”社会的欲求”の方向で考えてみる。これもモチベーションにはなりえない。そんなに社会的欲求がないし(本当です)、本業で必要最低限の社会的欲求は満たしている。満たされなくなったらスタートラインに立てる。

八方塞がりなのだ。ここから1、2年抜け出せていない。だから今は長期的な見通しもなく、かなり刹那的に生きていると思う。何かしなければと思うと精神は悪化し、ほとぼりが冷めると回復する。時間だけが過ぎていく。

にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
 

Copyright (C)2021 diarytheatre All Rights Reserved.