人生日記劇場

セミリタイアを目指したいが、今すぐ無職にもなりたい20代後半男性の日記

ひぐらし卒最新話見たけどこれはレヴューだなと思ったね

f:id:nakagawa_00:20210811191554p:plain
ひぐらしのなく頃に卒の14話を見た
ようやく業の引きまで来て、さてどうなるのやらと思っていたら、超物理な展開だった。トリック的なアレでうまいことアレしてなるほどねぇ〜ってなるのかと思ったら別にそんなことはなかった(次話でそうなるかもしれないけど)

一見して「これはレヴューだな」と思ったね
レヴューというのは少女☆歌劇レヴュースタァライトというアニメで出てくる劇を模したバトル的なアレである
ここしばらくずっとレヴュースタァライトについて考察しているので思考がすべてそれ基準になっている
私はレヴューを「二者間の関係性の再定義」と捉えている。平たく言うと、「言いたいこと言い合って相手を納得させた(魅了させた)ほうが勝ち」というかんじ。観客(キリン)の観劇に耐えうる高度化されたケンカ。古典的にはガンダムとかだろうか。戦闘中にめっちゃ喋るアレ。
ひぐらし梨花と沙都子が言い合いながら殺し合うわけだがその定義に当てはまる。お前が私に合わせろと。こちらは表現がセンシティブだが
こういうデカい感情同士のぶつかり合いが好きだ。ループが始まってから初めて正面から向き合えてるわけだから感動もひとしおである。自分には縁遠いことだから「眩しい」のかな(大場なな)
ループ者特有の特定の方向に強化されたクソデカ感情も好き(大場ななもループしている)キリン風に言えば「私はそれが見たいのです」
そういえばひぐらしも観客としてエウアさんがいますね。やっぱりレヴューなのでは?
にほんブログ村 その他日記ブログへ

Copyright (C)2021 diarytheatre All Rights Reserved.