人生日記劇場

セミリタイアを目指したいが、今すぐ無職にもなりたい20代後半男性の日記

ヒモに憧れる

f:id:nakagawa_00:20211215210635p:plain

ヒモって憧れませんか?私はとても憧れます。
ヒモとは女性にお金を出してもらって生活する人のことです。いや、正しくは違うかもしれませんが、私はそうだと思っています。女性に養ってもらったり、お金を出してもらってパチンコに行ったりするって、オスとして、生物として強者だなと思います。「勝ち」だなと思います。
皮肉ではありません。皮肉として、京都人のように「○○はすごい」と書いたりすることはありますが、これに関しては本当にすごいと思っています。

私含めたいていの人は、生きるために必要なお金を多かれ少なかれ自分で調達する必要があります。たいていは、労働によってです。
私の場合、週5日40時間会社に勤めることで、生活費を得ています。
会社に勤められているのは、私という人間が持つ社会的なスキルが、会社が求める要件を満たしているからです。決して私だから雇っているわけではなく、別の誰かでもいいのです。

ヒモの人は、生きるために必要なお金を女性に出してもらっています。何らかの労務提供の対価としてお金をもらうわけではなく、その人だからもらうのです。相当な人間的魅力がなければできないことだと思います。それは、現時点の知識を持って人生をやり直したとしても絶対に得ることができないものです。
何らかの労務提供はしているかもしれません。掃除をしたり料理をつくったりするヒモもいるでしょう。しかし、その労務提供はあくまで副次的なものであって、根底にあるのはやはりその人であることなのです。

その人がその人であるだけで養ってもらえるというのは、老若男女問わず求むるところではないでしょうか?
全人類が深層心理に持つ「何かに守られたい」という欲求ではないでしょうか?
ヒモが非難されるのは、それだけ多くの人間が人間が希求することの裏返しだと思うのです。みんなうらやましいのです。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
 

Copyright (C)2021 diarytheatre All Rights Reserved.