人生日記劇場

セミリタイアを目指したいが、今すぐ無職にもなりたい20代後半男性の日記

仕事をしてよかったのは「この程度でいい」という感覚を得られたこと

f:id:nakagawa_00:20211223213151p:plain

仕事に一区切りつけて思ったこと二つ目は、「仕事ってこの程度でいいのか」ということであった。仕事に求められる質が、前職と比べてかなり低かった。給料に見合った働きというものを過大評価していたのだ。「生存だけなら、この程度でいいんだ」という感覚を得られたのが大きな収穫だった(といっても嫌なものは嫌である)。ちなみに前職は開発、今はオペレーターである。

もちろん収入もそれなりに低いのだが、生きていくのに不自由しない水準ではある。生きていくのにの意味は、「成人男性一人がつつましく生活するのに」という意味である。結婚・出産といった社会的な正道のもとでは物足りない金額ではあるし、前職と比べちゃうと惨めに見えるが、そういうこと考えなければ問題ない。
仕事にやりがいはほぼない。言われたことをこなしていくだけである(そういう契約である)。おおげさかもしれないが、とりあえず時間通りに座ってればいいというイメージである。ただし脳細胞が死滅していく感覚に堪えられなければ、別で張り合いは必要だと思った。

しばらく働いて得た一番の教訓(?)は、「この程度でいいなら食いっぱぐれることはないかな」であった。自分より1まわり以上歳が上の人間が(多分同じような給料で)同じ仕事をしていたので、「あっ別にこれでもいいんだな」と感じた。こういう感覚は現場に居合わせないと得られない。
とは言っても、10年20年後が同じような環境とは限らないし、加齢で今と同じように仕事ができるわけでもないだろう。だから働き続けるならば、それなりにスキルを伸ばしておく必要があるなとも思った。もちろん途中でリタイアするならその限りではない。でも人生何が起こるかわからない(一般論ではなく実感としてそう思っている)。だから備えておくに越したことはないと思っている。とにかく、大事なのは思考停止しないことだ。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
 

Copyright (C)2021 diarytheatre All Rights Reserved.