人生日記劇場

セミリタイアを目指したいが、今すぐ無職にもなりたい20代後半男性の日記

「Invent & Wander」を読んだ感想

f:id:nakagawa_00:20220110160121p:plain

「Invent & Wander」を読んだ。著者は、Amazon創業者で知られるジェフ・ベゾス
2部構成になっていて、前半は、Amazonが株主に向けて毎年送っている書簡を、創業直後の1997年から2019年まで、順に掲載している。後半は、どこかで発表した文章をテーマごとに掲載している。
つまり、今まで出した文章をまとめたもので、書き下ろしがないのである。
読み始めてからこのことに気づき、正直読まなくてもよかったかなと思ったが、頷ける部分もあった。話のタネにしたい目的だったら、リンク先の説明を読むか、どこかの紹介記事を読むだけで事足りると思う。序文でウォルター・アイザックソンがうまいことまとめてくれてるので、そこだけ読むのもいい。

なぜ読んだのか?利用者としても使うし、VTI買ってるし、仕事でも関わるしで、知らずに済ますことはできないかなと思ったから。
全体的に文章が読みやすく、さすが世界トップのEC企業だと思いました。

~~~

ひとつ、これは!と思ったのは「ワークライフハーモニー」という文章である。曰く、「ワークとライフはバランスをとるものではなく、ぐるぐると環のように巡るもの、つまり循環だ」

これは悔しいがその通りだと思った。仕事がうまくいってると、生活もうまくいく。いや、仕事でうまくいってないと、生活でもそのことを考えてしまってうまくいかなくなる、が実感だ。二つは地続きなので、どちらかに引き寄せられる。

同意できない部分もある。同文中に「仕事に活力を奪われるか、仕事で活力が湧いてくるか?」と疑問が呈されている。ジェフ・ベゾスは仕事で活力が湧いてくるのだろうが、私は仕事で活力が湧くことはない。いかに奪われないようにするかだけが目下の課題である。

結局のところ、この違いなんだろうなと思う———お客様(他者・世界)に対して、働きかけたいか、そうでないか、そしてその程度。すでに自分のビジネスに目的感と使命感を持っている人なら、ジェフ・ベゾスの言葉はそのまま受け入れられると思う。
私の場合、まず自分に働きかけたいと思っている。

本書中に「顧客に徹底的にこだわる」「才能と選択は違う」「後戻りできる決定か、そうでないか」など、社畜自己啓発ワードがたくさん出てくる。ビジネスの文脈で語られたものなんだけど、それを「自分への働きかけ」に適用するという目的で読めば、気づき(社畜ワード)は多い。
にほんブログ村 その他日記ブログへ
 

Copyright (C)2021 diarytheatre All Rights Reserved.