人生日記劇場

セミリタイアを目指したいが、今すぐ無職にもなりたい20代後半男性の日記

いつ死んでもいいような生活を

f:id:nakagawa_00:20220112223737p:plain


先日の三連休、スーパー銭湯行ってサウナろうかと思っていたのだが、たまたまオミクロン株の感染者数が増えているというニュースを見てしまい、日和って行くのをやめてしまった。

感染が怖いというよりは、感染したら保健所とか会社とかいろいろめんどくさいから、という気持ちが大きかった。
明らかに自分の都合(健康)よりも、社会的な都合が判断基準の上位に来ている。これは非常によくない。

ここ数年掲げている生存指針(生きる上での指針)として、「いつ死んでもいいような生活をする」というのがある。
無敵の人として生きるわけじゃなくて、今日を生きる、後悔しないようにするみたいな意味合いである。(先日読んだ「Invent & Wander」にも、80歳になったとき後悔するかを判断基準にするというのが書いてあった)

上の話は、その指針に反するものだった。行動如何じゃなくて、行動の判断基準がそうなっていることに危機感を覚えた。最近社会に染まりすぎているかもしれない。他人軸じゃなくて自分軸で考えるように、改めて意識を強める必要がある。
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
 

Copyright (C)2021 diarytheatre All Rights Reserved.